プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴ ミュージック シリーズ その7

さてさて

今回は、前回 物語内で登場したウッドベース(=コントラバス)を紹介しますね^^



『ウッドベース(=コントラバス)紹介』の巻




01Contrabass.jpg04Contrabass.jpg

クラシックに馴染みがある人からはコントラバス、
ジャズやその他ポピュラー音楽に馴染みがある人からはウッドベース、
と呼ばれることが多い楽器ですね^^
(ウッドベースは和製英語らしいです)

02Contrabass.jpg03Contrabass.jpg

ウッドベースを弾く人のなかには、
ベースをくるくる回転させたり、
ベースの上に乗って弾いたり・・・と
おもしろいパフォーマンスをする人もいます(ロカビリーでよく見かけます)^^


06Contrabass-withBow.jpg05Contrabass-withBow.jpg

ポピュラー音楽では指を使って弾くスタイルが多く、
クラシックでは 弓を使って弾くスタイルをよく見かけますよね~

自分が聴いたジャズの中で印象深いのは、
PAUL CHAMBERS の名盤 『BASS ON TOP』の一曲目、『yesterdays』。
弓弾きのイントロで始まり、一曲まるまるメロディラインをベースで弾き切る!という…、
さすがベーシストのリーダー盤だなぁー!と印象付けられる一曲です。
紹介したかったのですが、YOUTUBEにはありませんでした・・・><;

07ContrabassCase.jpg10ContrabassCase.jpg

物語中で作る必要があったので ケースも作ってみました^^
なにせベースが大きいので… 見ていてとっても重そうです(笑)
まぁでもほんと 大変なのは、見てて重そうなだけじゃなくて
たしか ウッドベースを持って電車や飛行機に乗ると
別料金を取られるところもあるとか…(泣)



さてさて、
レゴブログなのでビルドにも触れておきますねー^^
作ってみて感じるのは やっぱりポチスロの威力というか・・・
繊細な表現にかかせなくなってきています。

あと 今回、
ベースの一番上のパーツの茶色を持ってるかどうか 
ちょっと不安な気持ちでパーツケースを探してみたのですが
ギリギリ!持ってました^^
それでどのセットに入っていたのか調べてみたところ
特にものすごく欲しいと思って買ったわけじゃないスターウォーズのセットだったという…。
安売りで買ったのかな?記憶にすら残ってないという(笑)
基本的には
気に入ったセットか、どうしても欲しいパーツが入っているセットを買うのですが
こうやって 意外なところで意外なものが役にたってくるのが
レゴの買い物の面白いところでもあり、難しいところでもあり…。
本当は余計なものは買ってられないんですよね…

日本は ここのところの不況だけでなく、
レゴ好きの人が必ずぶつかる問題は、なんといっても住宅事情ですよね。
収納スペースが取れない国なんですよね~
レゴ社がパーツ売りしてくれなかったり…などの問題は 
こういったことも無関係ではないと思うのです。

欲しいセットが出ても
「作っても飾る場所が無い」「飾らないにしても置いておく場所が無い」
といったかんじで 買わない、買えない、買わなくなった。という人も多いと思います。
自然と自作ビルドも大きいものより小さいものを作るようになる…
こうして日本人が小さいビルドに向かっていく土壌が作られていくという(笑)

そもそも日本人は手先が器用だから 繊細なビルドにむいてるという話もあるけど
日本人が繊細、器用っていうこと自体が
日本という国の環境、状況から由来してるのか…
卵が先か ニワトリが先か・・・みたいなかんじですね(笑)

まぁまぁ 自分はやっぱり日本人というか…
大きい作品はほとんど作らないのですが、
このまま小さい作品をたくさん作っていこうと思っています^^




<次回予告>

ミュージックシリーズは いろいろ思うところがあって話を練り直し中です!
間にまた他の記事が挟まってくると思いますが 気長にお付き合いください^^
関連記事
スポンサーサイト

<< 4954レヴューのようなそーでないような(笑) | ホーム | レゴ ミュージック シリーズ その6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。