プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011: A New Year's Odyssey ①カウントダウンジャパン初日レポ


今年もよろしくお願いします^^



まずは書きかけだった事から。
昨年末に友達と2人でカウントダウンフェス1011初日に行きました
SBSH02721.jpg
会場の幕張メッセ内には2011年へのカウントダウンの秒数表示が^^
屋内のフェスなので天候に左右されないのがいいですね~
荷物をコインロッカーに入れたりグッズを見たりで
少し時間が押してしまいましたが会場内のステージを周りだします

フラワーカンパニーズ
→PUFFYは2人とも観たことがあるのでフラカンに。ラスト一曲しか聞けず ><
 でも、フェスの楽しい感覚がだんだんと上がってきました^^

筋肉少女帯
→ドラム以外はオリジナルメンバーでのライブ!
 演奏はもちろん良く、コール&レスポンスもお手の物!
 ギターの橘高さんが前日誕生日だったということもあり、
 お祝いムードもありつつ、年齢ネタになると
 40代になり、痛風になったというオーケンが
 「痛風が怖くてカウントダウンジャパンに出れるかー!!」
 とビールを一気飲み(といってもコップ一杯だけど(苦笑))するなど、
 MCもおもしろい!かなりの盛り上がりで、楽しさでは初日ベストアクトでした!
 友達が橘高さんのピックを二枚拾ったので一枚もらいました^^

MINMI
→ちらっと終わり際だけのぞいたところ、あまり歌が上手くないなーと感じ… 脱出。
 お腹も減りまくりだったので友達おすすめのお店へ

620950391294308619.jpg
ハム焼きで有名だという「みなと屋」さんで
「お腹がすいてるならこっちもいいよ!」と言われハム汁を購入
これが、、、うまかったーーーーーーー!!!
もともと豚汁が好きなので、好みにずっぽし来ました^^

奥田民生
→おなかも落ち着いたところで民生へ。
 ゆったりとした感じでスタート。2曲終わったところでのMCが、
 「ありがとーう! Perfumeです!
  今日は僕たちの打ち込みサウンドを楽しんで、ダンシングで帰ってください!」
 このステージの次に出るPerfumeを意識しててウケた(笑)
 どっちも広島出身だしなぁ~!
 演奏自体は、いつエンジンがかかるのか!?と心配になりましたが
 中盤からだいぶいい感じになってきました^^
 おしかったのはあんまり音響が良くなかった事。
 ドラムセットと会場との相性が合わなかったのかも。
 最後のMC、
 「みなさんも、身体に気をつけて、早く……名曲を作ってくださいね!
  だいたい1人1曲はできるもんなんで。よいお年を!」
 は地味に心にきました。
 「事実は小説より奇なり」ってやつで、自分自身を自伝的に込めれば
 1人1つは名作を作れると本の世界では言われる事もありますよね

Perfume
→いやー わかってはいたけど…あ~ちゃんの天然っぷりがすごい!
 細かい事で悩むのが馬鹿馬鹿しくなってきます(笑)
 (もちろん天然の人もその人なりの悩みがあるのだろうけど)
 天然の人って人をいらつかせることもあるけど癒しもしますよね~
 問答無用で楽しい空気を発していて、歌自体は口パクですが、
 そんなことはどーでもいいなーと思わせるパフォーマンス&MCでした^^

RAM RIDER
→友達がおすすめ!というのでDJブースへ!
 SBSH02781.jpg
 DJブースも社のようなデザインでカウントダウン風味^^
 RAM RIDERはDJというわけではなくライブステージ。
 衣装の電飾が点灯しないというアクシデントがあったものの
 エレキコミックのやついいちろうがゲストで出て盛り上げたり、
 VJに組み込まれたバカリズムのMCなど計算されたステージング。
 どの曲もかなりキャッチーでした^^

BUCK-TICK eastern youth
→1つのバンドを続けることは本当に大変だと思うので
 バンド歴の長いこの二つは気になっていたのでした
 (イースタンユースのほうは好きなバンドだったので特に)
 しかし、思いのほかDJブースの進行が押してたのでほぼ観れず…残念><
 どちらも少ししか観れませんでしたが、充実した演奏をしていただろうな、
 と感じさせました
 どちらもバンド独自のスタイルを貫いて20年以上…!ハンパ無いです!
 見習って…ブログをまずは3年続けよう、と思ったのでした(笑)

くるり
→始まってすぐのMCで
 「今日はシングル曲とかあまりなくて、盛り下げるだけ盛り下げて帰る」
 と言ったとおり、ほぼ最新アルバムからの曲で押してました
 演奏は特にサポートメンバーが素晴らしかったです
 ドラム(Bobo)は懐深く、暖かく、フロント3人はとてもやりやすそうでしたし、
 サポートギター(フジファブリックの山内総一)は
 キーボードがいるんじゃないかと思わせるくらいの多彩さ。
 しかし、やっぱりアルバムまでちゃんと聴いている人はあまりいないのか
 4つ打ちサウンドもしていた頃前後のヒット曲を求めていた人は
 途中でどんどん他のステージへ行ってました
 いわゆるヒット曲「ワンダーフォーゲル」が始まると急に人が増え、
 終わって次の曲が知らない曲だとわかるとすぐ去る人たち…^^;
 フェスっていろんなアーティストを観れる分、
 おいしいところをつまみ食い的にしか聴かない(&そういう所しかしらない)部分も
 あるのを実感しました。 
 くるりのステージは「今のくるり」を素直に表現したステージだったと思いますが
 セットリストだけでなく、
 広いステージ中央にギュッとセッティングされた楽器達…
 どちらもいわゆる'フェス向け'ではなかったですね。
 賛否両論あるとは思いますが、ロックだったな、と感じました。

ZAZEN BOYS
→晩飯もスルーしてとうとうたどりついたこの日最後のステージ!
 ナンバーガールは好きでけっこう聴きましたが
 ZAZENはほとんど聴いてなかったので楽しみにしてました
 向井秀徳が「幕張、時には女とまぐわり」と発してステージ開始、
 う~~~ん、やばい!ライブならではのパフォーマンスにしびれました!
 向井が指揮者のようにバンドサウンドを操る場面は特に
 音楽って一体なんだ?なんて事も考えさせました
 変拍子も多くキメも多い、かなり知能指数高めの曲ばかりなのに
 オーディエンスがのりまくってたのは
 高度なテクニックに裏付けられたバンドの一体感と肉体感のおかげ。
 知能指数高めのバンドやユニットは頭でっかちになりがちで、
 グルーヴ感が足りない事が多く、ZAZENのバランスの凄さに圧倒されました
 中盤でLEO今井が入り、「Kimonos」の曲を数曲やった後、
 またZAZENの曲に戻ったのですが、いろんな効果があったとはいえ
 正直、LEO今井はちょっと役不足、中盤は少し物足りなさを感じました
 ZAZENのみのステージだったらこの日ベストアクトだったかな、と思います
  
SBSH02731.jpg SBSH02751.jpg
さて、ZAZENが思いのほか長時間演奏したので、帰りがギリギリに(苦笑)
ステージ以外でもいろんな装飾があったり、
休憩場所も充実した、かなり過ごしやすいフェスでした^^

昔行ったフジロックはけっこうきつかったけど
随分日本にもフェスが根付いて進歩してるんだなーなんて実感した1日でした^^

誘ってくれた友達は中学高校と一緒で、
また最近よく連絡をとりあっています(ありがとう!^^)
物語を書いたりもする友達なので、いずれ合作できたらいいなぁなんて
話しています
今年にはちゃんと手をつけれたらいいなぁ^^



今年は特に地道に一歩づつ、がんばらねばならない年だと思っています
ブログのほうは、なるべくレゴに焦点は当てつつも
日々感じたことももっと書いていけたらな、と思っています
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : カウントダウンジャパン COUNTDOWN JAPAN 10/11

<< 2011: A New Year's Odyssey ② | ホーム | 今年の振り返り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。