プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴと保育⑭ 「おおむね4才児」

さてさて

character2-2.jpg
今回は「おおむね4才児」についてです^^



<4才児向けのレゴ>
デュプロとレゴブロック基本セットが対象になっています
レゴブロックのほうは3才の時は赤バケツだけだったので
随分広がってきた感じがしますね^^
duplo_20100804193530.jpg5899image.jpg
4才からの基本セットでミニフィグが初登場です!!^^
♯5899(右画像)の屋根の色は青なのですが、セットに入っている水色ブロックなどと
あわせて水を表現しやすそうかも?と思ったりと
パッと見は家のセットですがいろんなブロック遊びが出来そう!
コンパクトながらもよく考えられたセット内容だなぁ~と感じました

それにしても…昔と違い、
今はオレンジ、黄緑、水色、といった中間色が増えましたよねえ~

子どもはブロックの色にこだわらずにどんどん組んでいって
作品を作ることも多いですよね
そういった作り方からしか得られないものもきっとあるとおもいます

色と感覚の関係は不思議なもので
まず、色によって感じる雰囲気が違いますし、
前に出てくるように見える色もあれば
奥にひっこんで見える色もあります
また、隣り合う色が変わってくると同じ色でも違って感じたりもします

作品を作っていく中で(言葉にはできなくとも)
いろんな事を感じていくでしょうし
大人にはぐちゃぐちゃに並んでいるように見えるものも
もしかしたら子どもには思いもよらぬこだわりがあるかも…??

認識力や色彩感覚などをはぐくむためには
いろんな色が増えてきたのは良い事かもしれませんね^^

5560.jpg5508.jpg
大きめのセットであるコンテナにはピンクと青があり、
青のコンテナスーパーデラックスのほうにはブロックはずしが付いているのですが
ピンクコンテナには付いていません
赤バケツに付いているのでこっちには付けなかったのかもしれませんが…
2個あって困るものでもないので(親子で使えるし、2個あると便利な使い方も!)
ピンクのほうにも付けて欲しかったところです
まぁそれを差し引いてもどちらのコンテナもいい内容だと思います ^^b



<おおむね4才児>
<幼児後期>
4才は幼児後期ですね(おおむね3才児の記事を参照)


<からだとこころの発達>

・2才から、ごっこ遊びや見立て遊びで広げてきたイメージの世界を
 みかん、リンゴは果物…という感じで
 4才から7、8才にかけてカテゴリー化していきます
 しかし、まだ論理的ではなく、直感(知覚的印象)に頼っています(直感的認知

・しっかりとした足取りで歩くようになるとともに
 全身のバランスをとる能力が発達し、片足跳びをしたり、スキップをするなど
 体の動きが巧みになってきます

・活動的になり、全身を使いながら様々な遊具や遊びなどに挑戦して遊ぶなど
 運動量も増してきます

・手先も器用になり、ひもを通したり結んだり、はさみを使えるようになります
 また、遊びながら声をかけるなど、異なる二つの行動を同時に行えるようになります

・水、砂、土、草花、虫、樹木といった身近な自然環境に興味を示し
 積極的にかかわろうとします

・砂山や泥団子作りに夢中になったり、花を摘んだり、木の実を拾ったり、
 蒸しを捕ったりと、自分の足を使い、感覚を総動員して見たり触れたりしながら
 物や動植物の特性を知り、より豊かなかかわり方や遊び方を体得していきます

・こうした自然や物とのかかわりの中で、身体感覚を養い、想像の世界を広げていくことは
 子どもに心の安定や喜びをもたらします

・想像力の広がりにより、現実に体験したことと、
 絵本などの想像の世界で見聞きしたこととを重ね合わせたり(実念論
 心が人だけではなく他の生き物や無生物にもあると信じたりします(アニミズム
 その中で、イメージをふくらませ、物語を自分なりに作ったり
 世界の不思議さやおもしろさを味わったりしながら遊びを発展させていきます
 また、大きな音や暗がり、お化けや夢、ひとり取り残されることへの不安などの
 恐れの気持ちを経験します

・子どもは様々にイメージを広げ、友達とイメージを共有しながら
 想像の世界の中でごっこ遊びに没頭して遊ぶことを楽しみます

自分と他人の区別がはっきりとわかり、自我が形成されていくと、
 自分以外の人をじっくり見るようになり、同時に見られる自分に気づくと
 いった自意識を持つようになります
 自分を通そうという思いと、時には自分の思ったとおりにいかないという不安や
 つらさといった葛藤を経験します
 このような気持ちをまわりの大人に共感してもらったり、
 励まされたりすることを繰り返しながら、
 友達や身近な人の気持ちを理解していきます
 
・子ども同士の遊びが豊かに展開していくと
 子どもは仲間といることの喜びや楽しさをより感じるようになり、
 仲間とのつながりが深まっていきます
 同時に競争心も生まれけんかも多くなります 
 自己主張をぶつけあい、悔しい思いを経験しながら
 相手の主張を受け入れたり、
 自分の主張を受け入れてもらったりする経験を積み重ねていきます

・自己を十分に発揮することと、他者と強調して生活していくという
 人が生きていくうえで大切なことをこの時期に学び始めます

・主張をぶつけあい、やりとりを重ねる中で互いに合意していくという経験は
 子どもの社会性を育てるとともに、
 自己肯定感や他者を受け入れる感情をはぐくんでいきます


<ことば>

・理解する語彙数が急激に増加して(成熟期、3~4歳で1000語~)
 生活空間が広がり、経験も増えるのでよくしゃべるようになります(多弁期、2000語~


<絵>

・3~5才の子どもは知っているものを次々に描き並べます(前図式期カタログ期
 物の特徴が描けるようになり、何を描いたのかだいたいわかるようになります
 人を描く場合、顔から手足がでている絵を描くことがよくあります(頭足人)
tousokujin.jpg




ちょっと文章が多すぎるのでいずれ整理する予定です
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 保育士資格試験 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< ♯7570 プリンスオブペルシャ ダチョウのレース 組み換え | ホーム | レゴと保育⑬ 「おおむね3才児」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。