プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴと保育⑪ 「1才3か月~2才未満児」

さてさて

character2-2.jpg
今回は「おおむね1才3か月~2才未満児」、
積み木でいえば4~6個積み木を積めるくらいになる時期で、
とうとう現行のレゴブロックでの遊びが始まります^^



<1才3か月~2才未満児向けのレゴ>
ベビー、プリモ、クワトロといったベビー向けのブロックやおもちゃがありましたね~
primo.jpg

そしてとうとう1才6か月からはデュプロブロックの時期ですね^^
duplo-lego.jpg


<おおむね1才3か月~2才未満児>
<幼児前期>
1才からは幼児前期でした
 (※6か月~1才3か月未満児の記事を参照)

<からだとこころの発達>
・歩き始め、手を使い、言葉を話すようになることにより、
 身近な人や身の回りの物に自発的に働きかけていきます
 1才7か月~2才になると、ボールをけったり、ボタンをはずしたり、
 靴を脱いだり履いたりできるようになってきます

・歩く、押す、つまむ、めくるなどさまざまな運動機能の発達や
 新しい行動の獲得により、環境に働きかける意欲をいっそう高めます
 その中で、物をやりとりしたり、取り合ったりする姿が見られるとともに
 葉っぱを皿に見立てたり、おもちゃなどを実物に見立てたりといった
 象徴機能が発達し、人や物とのかかわりが深まります

・象徴機能とは、ものごとや出来事を何らかの記号に置き換えて
 それが目の前に存在しないときにも記号によって認識する事で、
 代表的なものは「ことば」です
 この機能の発達により、
 物語に親しみ、興味を持って聞き、想像する楽しさを味わうのですね
 また、ひとつのブロック(パーツ)が色々なものに見えたり…といった
 見立てもこの機能であり、レゴ遊びでの醍醐味のひとつでもあります^^

<ことば>
・1才半頃になると「ワンワンこっち」「これなーに?」など
 二語文を二語文を話し始めるようになります
・おうむ返しをしたり、物に名前があることを知り(命名期)、
 質問が増えます(第1質問期
7618.jpg7614.jpg
 デュプロでは動物がたくさん出ていますよね^^
 大人の言うことがわかるようになり、
 自分の意思を親しい大人に伝えたいという欲求が高まり、
 指差し、身振り、片言などを盛んに使うようになる時期なので
 ごっこ遊びなどをする中で、名前を教えてあげたりして
 言葉のやり取りを楽しむといいかもしれません^^

ただ、ごっこ遊びをするにあたって、
この時期で注意したいことがひとつあります

乳幼児期の母親からの身体的および精神的な自立のプロセスに関する理論である
マーラーの分離固体化理論によれば
1才3か月(15ヶ月)~2才(24か月)の時期は再接近期といわれ、
母親を安全基地にして、少しづつ外界を探索し始めた幼児が、
幼児自身から依存対象に一体感を求めて再び近づいてくる時期です

鏡に映った姿が自分だとわかるのが
ちょうどこの時期、1才半以上であるように(マークテストによる実験)、
自他の区別を理解する時期なのです

後追いしたり、離れる時によく泣く時期ですね

母親に甘えたいという気持ちと自分でやりたいという気持ちに揺れ、
母子の間で葛藤が起こります(再接近期の危機)

saisekkinkinokiki.jpg
ごっこ遊びに限らず、昨日と同じことをしてるのに
子どもが正反対の行動をとったり…、と
気持ちを理解しづらいこともあるかもしれませんが
子ども自身もこの初めての感覚に対してとまどっているのです

この経験をとおして白黒つかないことがある事を知り、
物事を両面からとらえられるような柔軟性が生まれます


<食機能>

・1才から1才半頃に、乳中切歯・乳側切歯が生え揃い、
 1才7か月頃にはほとんどの子どもは第一乳臼歯が生えだします
 (子どもの咀しゃく能力は、6才でおとなの約40%、10歳で約75%程度)
・生後12か月~18か月頃には母乳や育児用ミルク以外から
  栄養の大部分を取れるようになります(離乳)
・スプーンやフォークを使えるようになります
・あそび食べが多い(1、2才児に多い)

歯の成長的にもブロックに歯型をつけられるようになってきます(笑)




ブロックでの遊びは汚れづらく、楽しくいろいろ学べますが、
水、砂、土、紙、粘土などさまざまな素材に触れて楽しむことも
忘れないようにしたいものです
外に出て遊ぶのも大事ですよね^^

こうした活動により、より一層
ブロック遊びを楽しくあそべるようになると思います

デュプロの動物を見た時に
本物の動物を見たことがあるのか無いのかでは
全然違う感覚があるような気がしますしね^^
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 保育士資格試験 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< レゴと保育⑫ 「おおむね2才児」 | ホーム | レゴと保育⑩ 「おもちゃと安全」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。