プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴと保育⑤ 「レゴと6か月未満児」

さてさて

character2-2.jpg
今回は6か月未満児についてみていきます^^




<おおむね6か月未満>
<乳児期>
1才未満を乳児といい、
エリクソンのライフサイクルでは
6か月未満は乳児期(0~1歳、口唇・感覚期)にあてはまり、
なにより生きるために必要な、食べること=口の感覚に興味がある時期です
赤ちゃんが、生まれてきた世界を信頼できるかどうか?という、
基本的信頼不信が発達の課題でした

<からだとこころの発達>
・泣く、笑うなどの表情の変化や体の動き、喃語などで自分の欲求を表現し、
 これに応答的に関わる特定の大人との間に情緒的な絆が形成されます
・偶発的に起こる自分の手足の動きをながめたり
 つかんだり、しゃぶったりします
 おもちゃであやしたり、ゆったりした声かけ、静かな抱っこは良い刺激になります

・1~2か月
  ・泣き声の区別ができるようになります(叫声期)
  ・あお向けで緊張性反射の姿勢、物を持たせると握る
  ・母親の声だとわかるようになり、あやすと笑います
  ・5~6週間から敏感に養育者の心を感知できるようになります(1次的間主観性

・3~4か月
  ・喃語(アーアー、ブーブーなど)
  ・生まれたときの約2倍の体重(6㎏)になります
  ・首がすわり、手足の動きが活発になり、
   めずらしい対象に能動的にはたらきかけ、手を伸ばします(リーチング
  ・3か月で遠近、3~5か月で赤黄緑青の区別が出来るようになります
  ・顔が顔であるとわかるようになると
   喜んで笑うようになります(社会的微笑、3か月微笑※)
   4か月頃から『母親(中心的養育者)の顔』と『他の人の顔』を
   区別できるようになります  

・5~6か月
  ・欲しいものに声を出します
  ・腹ばいでは両腕で体を支えて胸をあげます
   寝返りをうち、腰をささえると座れるようになります
  ・両手でおもちゃを持てるようになり、
   特性を確かめるための探索行動(学習)をします(いじくり遊びなど)
  ・視力が生後6か月頃には0.1~1.0にあがってきて、
   人見知りが現れだします
  2514baby.jpg

※3か月微笑についてはおもしろい実験があるので
 次回に書きたいと思います^^



<6か月未満児向けのレゴ> 

standardfig.jpg
3~5か月で赤黄緑青の色の区別が出来てきます
レゴブロックの基本色が白黒と赤黄緑青である理由でしょうね^^

※その他、新生児向けのレゴの欄を参照




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 保育士資格試験 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< レゴと保育⑥ 「ファンツとスピッツとフィグデザイン①」 | ホーム | レゴと保育④ 「レゴと新生児」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。