プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島県物産陳列館

さてさて

昨日 兄からメールが来たので紹介しようと思います^^

今年、clickbrick 2010オリジナルモデルコンテスト(お台場VF店)に
兄弟で作品を出しました

メールの内容は 兄のモデルの画像と制作記でした^^
(クリブリのページに掲載されている画像がよく撮れていたので
 そちらのほうからも画像を転載させていただきました。
 クリブリコンテスト公式ページはこちらです)



コンテストへの申し込み用紙をもらってきてから、
侘び寂びさんと何を作ろうか雑談です。

色々とアイデアを出し合った結果、
日本を感じさせるものを作ってみることにしました。
季節柄、干支もの・兜・ひな祭りなんかが思い浮かびますが、
自分の技術では、とても間に合いません。

ふと、A piece of peace の新聞が目にとまり、

今年は(2009年です)、調布PARCOで開催されたんだっけ・・・
世界遺産すごかったな、
『PIECE OF PEACE - the more, the better
平和のかけら、ピースは多いほうがいい』
レゴのコンテストなんて、まさに「平和のカケラ」だよね。
「歴史は繰り返す」とか、「歴史は繰り返さない、人がそれを繰り返す」とか
平和の繰り返しは歓迎するけど、
繰り返して欲しくないことも多いな。

世界遺産…平和…日本…歴史…
原爆ドームを作ろう。
こんなテーマの作品が展示されて人の目に触れる、それだけでいい。

出来上がったのが、こちらです。



作品名は「原爆ドーム」だと生々しいので、
元の建物の名前「広島県物産陳列館」としました。

原爆ドームが持つ痛みと、当時と比べて平和な今が伝わればと、
過去と現在を対比する形にしました。

平和の象徴としての「オリンピック」は
広島市が開催地として立候補する、という話もでていたので採用しました。

ビルド中は、嫁@LEGOは踏むと痛いもの、から感想をきき、
当初のスケッチから、こんな変更しています。
 B29 → 爆弾
 飛行船 → 気球
 2×2ラウンドプレートをつなげただけの五輪マーク → 1×1プレート積層
おかげで、何とか人に伝わる形になったかと。

自分のこんな作品に1票を投じてくれた人が結構いてくれて、
外国語のコメント(しかもテーマを理解してくれてた。)もあったり、
言葉や年代の壁を越えられて、
まさに「レゴ」冥利に尽きたコンテストでした。

012b.jpg

01-front.jpg03-side.jpg



以上、兄のメールでした^^

自分が思ったことも書いておこうと思います

<テーマについて>

先日 兄の家に行ったときに 
兄がもらったコメント用紙を見せてもらいました
コメントをいただいていたのは主に大人の方でした
日々 戦争は風化していってる、ので 
今のこどもたちにとっては、
第二次世界大戦っていつあったの?とか
それって何?という存在だと思うので
当然かな、と思います

原爆というもの自体、
たしかアメリカだと、戦争を早期終結に導いたことによって
多くのアメリカ兵の命を救ったもの、
というとらえられ方が多い、と聞いたことがあります
日本とアメリカじゃとらえられ方が違いますよね

クリブリコンテストのような場所では異彩を放っていましたし 
これを見てなにか感じてもらえてたらいいですよね

<ビルドについて>

原爆ドームを知っていても
被爆前を知っている人は少ないと思うし
こうした被爆前/被爆後の対比はおもしろいと思いました
また、
コンテストのサイズ規定(縦(奥行き)20ポッチ×横(幅)20ポッチ×高さ30cm以内)
を生かした表現方法にもなっていると思います

あとは…
ビルドを始めると 
ついつい作ってる本人は客観的な目をなくしがちだし
奥さんみたいに レゴで出来ること/出来ないこと に関係なく
意見を言ってくれる存在って大きいなぁ^^と思います

爆弾と気球はビルドの出来も良いし、
同じ空にあるものとして戦争と平和を象徴的に示していて、
作品のイメージを決定付けてると思います^^

あとは現在の側の背景のビルが地味に好きです^^
関連記事
スポンサーサイト

<< またまたかたづけ中 | ホーム | 兄宅訪問レポート その7 (♯8058組み換え) >>


コメント

こういう、主題と真っ向から向き合った作品はいいですね。
真摯と言うか、心的に丁寧に取り組んでいるというか。
レゴをしない人からの意見って貴重ですよね。
技術面ではない視点からのアドバイスって
「それに見えるかどうか」
「伝わるか伝わらないか」
「わかるかわからないか」
がすべてなので。
努力の跡を認めてくれるレゴ経験者よりも
辛辣なレゴ未経験者の意見が勉強になるかも。

嫁の指摘は、容赦ないんですけど、言われることは、まさにそのとおりなんですよね。
テクニックは手段でしかなく、目的ではないことを痛感します。

もちろん、テクニックを否定しているわけではないですよ。むしろ、必要だと思ってます。

言葉を覚えるにしたがって表現が豊かになるように、技術が身に付くにしたがい、作りたいものや表現したいものをストレスなくつくれるようになる、と思ってます。

同時に、自分のレゴは、まだカタコトだな、と改めて思ってもみたり。

コメントでかみ砕いていただき、ありがとうございます。おかげで、主題と向き合えたからこそ、清々しい気持ちでコンテストを終えられたんだ、と実感してます。

一方で、ブロック一つを何にでも~ヒトやネコや飛行機や星や微生物にさえも~してしまう楽しみも持ち続けたいですね。

Re:

二人のやりとりで 自分の思ってること全部言ってもらった気がするので
ちょっとだけ今思ってることを書いておきます~


ブログをやっている身としては、
作ったものを載せた時に
レゴを知らない人が見ても「おぉ~っ!!」っと思ってもらえるのが理想だけど
レゴは自分にとって『ただの趣味』、でもあるので、
自分から見て「しょっぱいなぁ…」って思ったものでも
制作記録として載せていこうと
あらためて思いました^^


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。