プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファゴット(バスーン)(レゴ ミュージック シリーズ その26)

さてさて

今回のミュージックシリーズは
『のだめオーケストラ』に使った楽器紹介その4ですね~
Odaiba201003_win02_01_1024.jpg



今回はファゴット(バスーン)を紹介します^^
01-basoon.jpg

ファゴット(伊: fagotto)は、木管楽器の一つで、
オーボエと同様に上下に組み合わされた2枚のリードによって
音を出すダブルリード式である(複簧管楽器)。
低音部を担当する。
英語に従い、バスーン、またはバズーンともいう。

多少鼻の詰まったような「ポー」という音がするのが特徴であり、
長い音程間での跳躍する動きや、おどけたような表現を得意としている。

(楽器の紹介はwikiから 引用させてもらいました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88 ))

フランス式はバソン、バッソンと呼ばれ、造りにも違いがあります

「のだめ」だと16巻前後にファゴットとバソンに
  焦点があたった展開になっています
nodame-basoon.jpg

その中の解説から引用すると、

フランス式のバソンと ドイツ式ファゴット
キーも多く完成度の高いファゴットに比べ
バロック時代からほとんど変わっていないバソンはキーも少なく
コントロールが難しいが 鮮明で多彩な音色
豊かな表現力を持っている
しかし今 世界中のオケの主流はファゴット
バソンを使っているのはフランスの一部のオケだけ

…ということみたいです


音のほうはYAMAHAのページがわかりやすかったですね~
構造や歴史の説明もあります
( 鳴るほど♪楽器解体全書 : ファゴットの構造と種類 )



ビルドとしては
手に持たせた時の角度や雰囲気が気に入ってるかなぁ
バージョン違いも今のところ特にないです
02-basoon.jpg
カラーリングもお気に入りです^^
03-basoon.jpg04-basoon.jpg

関連記事
スポンサーサイト

<< フルート(&ピッコロ)(レゴ ミュージック シリーズ その27) | ホーム | バイオリン(レゴ ミュージック シリーズ その25) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。