プロフィール

侘び寂び(わびさび)

Author:侘び寂び(わびさび)
------------------------------
LEGOニンジャシリーズでレゴにハマッて早幾年。

レゴ製品に ミュージックシリーズやアトラクションシリーズが あったらなぁ~ なんて思いながら
妄想を形に変えて それをブログに綴っていく予定でござりまする。
------------------------------
携帯からはこちらが見やすいと思います
http://legoist.blog91.fc2.com/?m&cr=3c8876a1ea1037d29f2b7d9b009e637c
------------------------------
メールでの連絡はこちらへどうぞ
legoist@live.jp
------------------------------
このサイトは、LEGO Group 及びレゴジャパン株式会社とは一切関係ありません。このサイトの内容及び画像や動画等の無断転載、複製を禁じます。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

フリーエリア

リンク

検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レゴ アトラクションシリーズ その4

さてさて

かなり久しぶりのアトラクションシリーズです


これは2009年にパーツの整理時に片手間でちょいちょいと作ったものです
公園にたまにありそうなものですね~

attraction2009-002.jpg
4590番のパーツをたくさん使っています(peeronのページはこちら)
4590.jpg
同じ形のパーツをつなげることで生まれるリズム感がけっこう好きです^^



最近マインドストームをさわっていると、
いずれモーターを仕込んだりマインドストームで管理したアトラクションを
作りたいなぁと思うようになりました
先は長そうですが、やりたい事が増えるのはいい事^^

じっくりちょっとづつやっていこうと思います
スポンサーサイト

テーマ : レゴブロック(LEGO) - ジャンル : 学問・文化・芸術

レゴ アトラクションシリーズ その3

さてさて


ひさしぶりのアトラクションシリーズです

アトラクションシリーズは 
とりあえず試作段階でいろいろ作っていって
最終的にひとつにまとめれたらいいかな?っといったかんじで
気楽にすすめていく予定です^^



今回は滑り台のようなかんじのアトラクションですね~~
公園にあるようなかんじのをイメージしてます
ちょっとアスレチック的なタイプかな?

attraction02.jpg

フィグの足をちょっとだけまげておくと 
いい感じでツルーン!っと滑り落ちてくれます^^

いずれは 輪のパーツをもっと増やして距離を伸ばす予定です~


輪のパーツは
斜めじゃなくて 並行に並べれば
滑り台だけじゃなくて 
公園のアトラクションからアトラクションをつなぐ通路としても使えそうです^^

レゴ アトラクションシリーズ その2 『シーパラダイス2009』

『シーパラダイス2009』

さてさて 
前回のアトラクションシリーズで御紹介した海のアトラクション。
たまたま撮れたやつ


今回は後編!アトラクションの裏側の紹介です~~

後編のご案内役を紹介しましょう~!

samekun.jpg
さめクンです!

さめクン(本名:鮫肌凄男(さめはだ すごお)1987年3月9日生まれ)は、
日本のタレント、イラストレーター。魚の生態や料理法についての豊富な知識で知られ、
講演や著作活動など幅広く活躍している。血液型はAB型。

自筆のサメイラストのシャツを着て登場ですね!

「今日はニューオープンのシーパラダイスをオレが案内するざめー!」

「このシーパラダイスは 水族館とアトラクションが一緒になった遊園地ざめ~!」
kanban.jpg
「アトラクション 『サメサメパニック』は あっちザメな!」

ge-to.jpg
「わくわくが止まらないざめー!」


tatunootosigo2.jpg
「お!タツノオトシゴざめね!
 熱帯から温帯の浅い海に生息する海水魚でトゲウオ目・ヨウジウオ科・
 タツノオトシゴ亜科・タツノオトシゴ属に分類される魚ざめ~!
 他の魚とかけ離れた外見のため、魚ではないと思っている人も多いざめが、
 よく見ると前に曲がった首のあたりに小さなえら穴と胸びれがあり、
 背中にも小さな背びれがあるざめ~!
 オスが育児嚢で卵を保護する繁殖形態が知られているざめよ!」



「お次は貝類ざめね!」
hotatehitode.jpg
「食用として有名なホタテガイは、
 ウグイスガイ目イタヤガイ科に分類される二枚貝の一種ざめ~!
 生息に最適な海水温は+5℃~+19℃の冷水で、浅い海の砂底に生息するざめ~!
 天敵はヒトデ、オオカミウオ、ミズダコなどざめー!ただし、ヒトデに襲われると
 閉殻筋で力強く殻を開閉させて海水を吹き出し、泳いで逃げることができるざめ~!

 ・・・・って・・・、うわさをすれば・・・隣にヒトデがいるざめね!!!!!!

 ヒトデは、棘皮動物門のいくつかの綱の総称ざめ~。
 多くは5本、あるいはそれ以上の腕をもち、この腕を使って自由に移動するざめ~!
 腹側中央に口があり~、肉食で、貝や死んだ魚などを食べるざめ!!
 ヒトデ類は再生能力が高いことでも有名で、腕の一本ぐらいは簡単に再生するざめ~。
 真っ二つになっても再生し、その場合には2匹になるざめよ!

 ここはバトル水槽ざめね!!!!!!!!」


ukiwakubari.jpg
「お!もうサメサメパニック入り口がすぐそこざめね!
 救命浮き輪をうけとるざめー!」

ジョーズ2
「サメサメパニック・・・うわさには聞いてきたざめが・・・」

junbanmati.jpg
「わくわくが止まらないざめよー!」


atorakushon.jpg
キ・・・キターーーーーー!!!!!!!!
 ノコギリザメとは、ノコギリザメ目ノコギリザメ科に属する魚ざめー!
 ノコギリ状の凶器を振り回すことで餌生物に傷を負わせて気絶させたり、
 あるいは真っ二つに切り裂くという特異な習性を持っ・・・」

 ゴゴゴ・・・
 グルーーーーーン!!!!

atorakushon-start.jpg
 「うわぁあああぁあ~~!
 ぱにっくざめええええ!!!!!!!!」





「・・・はぁはぁ・・・」


「やばおもしろかったざめ・・・・!」
oharehananda.jpg
「お・・おお!あれはっ!」


ei1.jpg
エイざめね!!」

ei2.jpg
「エイは、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、
 鰓裂(エラ)が体の下面に開くものの総称ざめ~。
 サメの一部の系統から底生生活に適応して進化した系統のひとつと
 考えられているざめよ~」


ei3.jpg
「多くはおとなしく、砂底の貝などを食べるざめー。
 底性の種は砂に潜ることができるものも多いざめよ~。
 うーん それにしても・・・すごいざめー!!」


okaeri.jpg
「満腹満腹の内容のシーパラダイスだったざめー!」


「ぁあ・・・・!」


「言いかけの事があったざめよ・・・!
 サメは獰猛で危険な生物というイメージが定着しているざめが、
 人に危害を加えるおそれのある種は20~30程度で、
 サメ類全体の1割にも満たないざめ~。
 残りの9割以上は、余計ないたずらをして よほど怒らせたりしない限り
 ノコギリザメですら 人には無害ざめよ~。
 サメサメパニックみたいなことには なかなか ならないざめよ!

 一部のサメは絶滅の危機に瀕しているざめが・・・
 イメージが悪いせいか鯨に比べ保護はあまり進んでいないざめ!

  SAVE THE SHARKS!
 NO SHARK, NO LIFE
 ざめ!!!!!!!!」



以上、アツイさめクンの シーパラダイス2009案内をお送りいたしました~~




<今回のおまけカット>

コンテストに応募した画像を主に載せておきまーす

全体写真
全体写真。

ベスト
この角度が一番のお気に入りかな^^

シャクラーパニックアトラクション
アトラクション側のお気に入り^^

アトラクション出入り口
アトラクション出入り口をわかりやすいように撮ったもの。

巨大水槽
巨大水槽アップ。

巨大水槽2
逆側からみたカット。

水族館内
横からのカット。

上から
上から。

上から2
もう一枚。

追加3分離並べ状態
真ん中で 分離できます~ 水族館を内側から ちゃんと眺めるときに便利です。
横を作っていったら もっと大きい水族館にも出来そうですね~

あとは・・・
課題は写真撮影かなーっと思ったのでした~~ 写真ってむずかしいですねー><




<次回予告>

まだまだカフェコーナー内装が工事中のため、ミュージックシリーズはお休み中~
他記事先行ですすみそうです~~!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。